スタッフ紹介

院長 畑瀬理惠子

院長 畑瀬理惠子

国家資格
はり師・きゅう師
そのほか資格
JAA認定登録校 アロマセラピスト、JFDAケトジェニックダイエットアドバイザー
出身
1974年生まれ 埼玉県大宮市出身、四谷呉竹 東京医療専門学校卒
医療論文発表
「骨盤位(逆子)矯正目的とした病鍼連携の成果」2020年 日本東洋物理療法学会 No.47 No.2掲載
家族
3つ年上の夫、2012年生まれ・2015年生まれの息子たち

なぜ産婦人科領域の鍼灸師になったのですか?

なぜ産婦人科領域の鍼灸師になったのですか?

2005年(当時31歳・第1子長男)

2012年(当時38歳・次男)、2015年(当時41歳・三男)を出産しています。

長男は、ポッター症候群という腎臓形成不全のおしっこのできない

胎児の発生性の病でした。

そのため羊水過少となり、生後2時間で亡くしています。

そのことから、長男の産後1年後、助産院のお産の現場の鍼灸で入る師匠に出会い

助産院のお産の現場を経験。

その後、2年半不妊不育専門院に勤務しました。

そのため、長男から次男出産育児のスタートまで7年も空いてしまいました。

高齢妊娠出産育児を地でいくママ鍼灸師をしております。

赤ちゃんを欲しい気持ち、流産の気持ち、よくよく経験しております。
詳細は ブログ